両親からの虐待について
CONTENT

私が父・正木実及び母・正木ひろみから生来30年以上にわたって継続して虐待を受けていることについて記述しているサブサイトです。

基本的な事項はPDFで公開しています。

なお、基本的な事項に誤りがありますので、ここで修正します。

「数日に1回は100回言わせる」はごっちゃになってしまっています。「生まれてきて」「僕はアホ」は毎日でした。夕方のニュース(NHK)が終わると言わされ、通常は30分。それ以外のタイミングで言わされるのはだいたい母の機嫌が悪い時で、その場合2時間くらいに及ぶことも。そのほか、「僕はどうしようもないクズです」とかもですね。

「数日に1回、100回言わせる」は、「絶対逆らいません」とかそういったことで、洗脳よりのこと。洗脳という言葉がこの文書だと出てきていませんが、幼い時に毎日言い聞かせて刷り込むのは間違いなく洗脳ですね。

また、鑑定書というのは、刑事裁判における精神鑑定書に対するもので、実際に裁判で使われた反論文ですので、対象は直接親に対してではなくあくまで鑑定書に対する反論になっています。ただし、極めて親の意向に偏って虐待に加担したものとなっているため、ここにリンクしています。

情報発信以上に重要になるのがフォーラムの存在です。現在フォーラムは Google groupで提供されています

付随して出てくる情報が気になる場合は 亜紀不在にまつわる全て をみると解消されるかもしれませんが、それは全く別の問題となります。ご了承ください。