-*- ReasonSet -*-

運転の「うまい」「下手」とは?

運転が下手とは

運転が上手い、というと、例えば華麗にドリフトを決めるような運転をイメージする人もいるかもしれません。もしくは、ものすごく早く曲がるとか。

確かにそれは技術がいりますが、そういうことではないのです。運転が下手というのは、ほとんどの場合

  • 待てない
  • 見てない

のふたつを指します。

待てない

待てない、というのは別の言い方をすると「我慢できない」のです。

運転していてイライラする人も同根。サンデードライバーにこの傾向が強いのも、交通に慣れていないために、当たり前におきることに対して耐性がなく、しかも交通に対して神経を使っていることでストレス状態になって…ということでしょう。

信号できちんと停止できない、信号をつっきろうとする、歩行者保護ができない、スピードを落として走行すべきところでもスピードが落とせない、信号待ちでじりじり前に出る…といったことを起こすわけです。

単にこのようなシンプルな「待てない」でなく、これは運転自体にも影響します。例えば、右折で路地に入るケース。

ハンドルの切り出しが早すぎる
ハンドルの切り出しが早すぎる

辛抱できないためにハンドルを早く切りすぎ、そのために余裕がなくなり、まっている車両につっかえてしまう…単にそれだけでなく、侵入する際に車は斜めを向いているため、道幅に対して余裕がありません。

通常、道幅は車の幅よりは余裕がありますが、来るの長さほどはありません。そのため、斜めになってしまうと自分の車線だけを使って進めないのです。

ハンドルの切り出しが適切
ハンドルの切り出しが適切

適切にハンドルが切れていれば、すれ違う時は既にほぼまっすぐです。そのため、単にすれ違うだけ。難しいことはありません。もちろん、このためには曲がる時はしっかりとスピードを落とす、というメリハリが必要となります。

ですが、そのあたりは教習所で口酸っぱく言われているはずです。交差点のショートカット(小回り)は違反でもあります。ですから、このように大回りすることが法律上も正しいのです。しかし、これができないドライバーのほうがずっと多数です。

結局これも、ハンドルの切り始めを待つ、スピードを落とす、という辛抱ができない、我慢できない、待てない、ということです。これが、簡単な右折ですら待ってくれている車につっかえ、その車を下げさせる…という、極めてかっこ悪い運転につながります。

見てない

サンデードライバーだと、路地から出てくる時に前だけ見て、つまり「視界に車がいないから」前進してくる、ということがよくあります。つまり、横から来るかもしれない、ということを確認していません。

さらに待てないとの組み合わせで、来ているのに気づいても、タイミングを待つ、ということができません。やることは、とりあえず鼻先をつっこみ、相手をブロックしてじわじわ進む、という品のない運転になります。車に対してこれをやる人よりも、歩行者に対してやるもっと悪い行為をするドライバーのほうが多数です。

自分がいたらこれないだろ、ととりあえず鼻先をつっこみ、車体で相手をどける…品がありませんね。

それと見てない、視界には入っているのに認識できていないとの合わせ技で、放談中の歩行者を見ながらその前を走り抜けたりするわけです。

さすがに、隣にバイクがいるのは見ているのに、見えていないからバイクのいる方へと信号待ちの車列で車線変更して押し倒す、なんていうのはレアケースですが、それでもあります。

キビキビ動くわけでもなく、しかし止まるわけでもない、この見てない・待てないは最悪なドライビングを生み出します。

Since: 2015-03-29 21:09:53 +0900
Last update: 2015-03-29 21:09:50 +0900
About