有用なユーティリティコード

変更点 概要 詳細 過渡期のコード 変更点 最新の変更@Gist 概要 これまでTopicPath機能はPureBuilderで提供されて来なかった。 そのため、個別のドキュメントとテンプレートにおいて実装可能な機能とし […]

「Markdownで書いたページがTOCのリンクが切れている」という問題に気づき、急遽対処を行った 問題は、Kramdownが生成するヘッダーIDが、単純にテキストを用いるものではなかった、ということだ。 Kramdow […]

ウォーターマークをいれた画像を半自動で用意する @figbaseuriの不完全さ LightBox ウォーターマークをいれた画像を半自動で用意する Gist ウォーターマークのベースはさすがに自動生成できるレベルにはなか […]

PureBuilder1のサイトがPureBuilder2で動作するように調整すると共に、PureBuilder2の機能を検証する作業を開始した。 現在はサイトの更新が滞っているので、それが完了すれば効率的に更新できるよ […]

これまで単純にスクリプトで暗号化ディスクをマウントしていた。 systemdスクリプトにするのは簡単で、実際にSystemdで自動マウントしていた時期もある。 だが、今回は「ちゃんと」Systemdを使うことにした。 ス […]

今やブログは主に Markdownで書かれている。 当初、blogtrというPuredoc用のスクリプトを書いたが、ブログ程度であれば圧倒的にMarkdownで事足りることが多いからだ。 実のところ、ACCSコンテンツな […]

Kramdown拡張でPDocオブジェクト化 PureBuilder2はもともと思っていたよりもかなり大規模なものになっているが、MarkdownオブジェクトをPureDocと同様に扱えるようにする、というのが今回のテー […]

PureBuilder2とは PureBuilder2は現行のPureBuilderを置き換える新しいサイトビルドツールだ。 コマンド一発でウェブサイトの更新が可能になる。「動的生成の事前作業化」が可能となる。 Pure […]