Windows Updateに果てしなく時間がかかる

Forza Motorsport 6 Apexが登場するというので、

  • OEM版 Windows XPをP2VでWindows 10で動作しなくなるアプリの動作環境を確保
  • Windows 7のスナップショット取得
  • Windows 10にアップグレード

という手順を考えた。

Windows XPのP2Vのためのスナップショット取得などの作業とWindows7のバックアップ手順などは後で記述することとして、今回はWindows 7をWindows 10にしようとしたら、Windows Updateがチェックするにもアップデートするにも果てしなく時間がかかり、Windows 10にできそうにない。

Microsoftは何がしたいのか。

どうもこれはKB3138612のせいである模様。それが悪いのではないのかもしれないが、このアップデートからそうなっているようだ。

しばらくアップデートせずにおいておいた人からの報告が多い。私の場合、2月が最後だったため、2ヶ月半ほどアップデートしていなかった(そもそもWindowsを起動することが稀だから)。

で、KB3138612を入手して適用しようとしたのだが、これまた果てしなく時間がかかる。

で、もう少し調べていたら、オンラインではスタンドアロンインストーラも結局チェックに行くため時間がかかる模様

というわけでLANケーブルを抜いて適用した。

だが、これでも終わらないので、WindowsUpdateAgentの最新版(7.6), KB3050265も導入。

それでもダメで、修復してもダメなので、一旦Update前までロールバック。Windows Update AgentとKB3138612を先に導入し、更新チェックで放置。1時間40分ほどでチェックを完了した。

恐らくは最初に更新して時間がかかりすぎ、再起動したのが原因だが、ロールバックなんて普通はできない。更新途中での再起動も普通に考えられることだ(自動アップデートの場合もあるわけだし)。それで壊れるなんて、設計としておかしすぎるだろう。

アップデートやセットアップに何日も潰したことも数え切れない。今回も結局一日がかりだ。ほんと、Windowsは嫌いだ。Microsoftは何がしたいのだろう。

I readed and share...Email this to someonePrint this pageTweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrShare on LinkedInShare on Reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA