Manjaro CalamaresインストーラでLUKSパスフレーズに意味がない問題

Manjaro LinuxのCalamaresインストーラでLUKSを利用したインストールを行うと、Grub起動時にパスフレーズを聞かれるが、パスフレーズに何を入力したかにかかわらず(時間はかかるが)起動される。

これは明らかなエラーであり、既にMLにて報告してある。 ディスクは正しいパスフレーズによるLUKSによって保護されており、不自然な振る舞いだ。

Dynabookで既存パーティションを縮小して(Windowsとのデュアルブートで)インストールしたところ、異なる挙動となった。

誤ったパスフレーズを入力すると、しばらく待たされたあと、Grub Rescueに落ちる。

Thusでインストールした場合、Plymouth上でパスフレーズをきかれ、誤ったパスフレーズを入力すると再入力を促される。

これが適切な振る舞いなのかどうかだが、Calamaresの場合、Grubパーティション(/boot)が暗号化されているかどうかの問題がある。 /bootがなく/に含むような構成であるならば、Grubがパスフレーズをきく以外にない。

つまり、この暗号化システムが機能するかどうかは、/bootが切られているかどうかに依存するのではないか。

一見解決したかのように見えるが、そうではない。 /bootがきられていればGrubは起動できるが、システムはLUKSで保護されているので、いずれにせよパスフレーズなしには起動できないはずなのだが、暗号化されたシステムにパスフレーズなしで入れてしまうというのは理解に苦しむ。

I readed and share...Email this to someonePrint this pageTweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrShare on LinkedInShare on Reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA